MASHU HIRED ART ACTION 
弊社のメセナ活動について


【野田智之/Welcome to Teshikaga Land】
2015年8月19日、摩周駅前にある弊社社屋に、愛知県の造形作家である野田智之さんの動く巨大壁画「Welcome to Teshikaga Land 」が設置されました。
てしかがえこまち推進協議会アート&アド部会の"町中にArtを根付かせ広げたい"という事業「てしかが劇的ARtバラバラ計画」と、この趣旨に賛同した弊社 『摩周ハイヤー(村岡幸雄社長)』 のスポンサードの元、この作品は完成しました。野田氏は数年前からこの町を何度も訪れこの作品を構想。弟子屈の過去現在未来を彼自身のフィルターを通して一枚の大きな絵にしたためました。

  【詳細】
野田智之 WELCOME TO TESHIKAGA LAND  2015年
 モーター、アクリル絵具、板、LED電球   H4,400×12,000㎝

 この壁画は、作者の野田智之が何度も弟子屈に足を運び、そこで感じた自然や歴史を表現した作品である。野田が屈斜路湖を訪れた際、牛のような形状の雲が湖の上に漂っており、あたかも弟子屈を守っている神がいるかのように見えたという。画面右の牛のような生き物は、その神的な存在を表している。画面左の人の脚は、町の歴史の歩みであり、旅人の脚である。絶えず歩みつづける脚は、過去から現在まで弟子屈で人の営みがあることを伝えている。硫黄山では今なお硫黄が噴出し、川湯温泉ではこんこんと湯が湧き出ている。弟子屈は常にうごめくエネルギーをはらんでいると感じ、有機的な袋状のモチーフによりそのエネルギーを内包している様を表現した。人々の日々の営み、自然の力を伝えるため、キネティック•アート(※1)の手法を用いて、壁画の要のモチーフを動かしている。弟子屈への玄関口である摩周ハイヤー壁面に設置することにより、弟子屈を訪れる旅人を歓迎し、また町の人と共に歩み続けるサイト•スペシフィック(※2)な作品として展示されている。
 ※  1キネティック•アート:動く作品、または動いているように見える作品のこと。
 ※  2サイト•スペシフィック:特定の場所に帰属する作品や、設置される場所の特性を活かした作品のこと。

【町広報の記事】LinkIcon町広報PDF町広報PDF

「動く巨大壁画Welcome to Teshikaga Land メイキングビデオ」

このビデオは摩周駅前の摩周ハイヤー社屋の壁面に設置された動く巨大壁画のメイキングです。また、アーティスト野田と弟子屈の関係を示すショートイメージストーリーです。是非 ご覧下さいませ。【Director/善/ZEn】

「町中にArtを拡散しよう」という趣旨をご理解いただき駅前という立地に作品発表の場を提供。また、制作面でも全面的スポンサードをいただいた(株)摩周ハイヤー 村岡幸雄社、ならびに関係者の皆様に対し心より感謝申し上げます。
てしかがえこまち推進協議会 アート&アド部会 部会長 行木衆児  事務局長 今井善昭(2015)